インフル予防にエタノール消毒やリレンザが有効と通知

毎年、秋から春にかけて猛威をふるうインフルエンザは、ときには命取りにもなりかねない重篤な疾病です。
家族や職場の誰かがインフルエンザに罹患すると、さらにそこから感染が広がっていく危険性は十分にあります。
感染拡大を防ぐ方法としては、アルコールで手洗いをしてから除菌を行うことに、かなりの効果が期待できると言われています。
一般の薬局で消毒用のエタノールが売られていますので、それを購入すれば、エタノール消毒をすぐに始めることができます。
エタノールでの消毒を励行した結果、同じ部屋にいた家族や社員に感染することがなかったとの事例は非常に多いです。
簡単にできて、しかも確実性の高いインフルエンザ感染防止法ですので、家族数の多い家庭や大人数の人が働いている職場でも安心です。
それでも、もしインフルエンザに感染したのではないかとの疑念を持ったら、すぐに医療機関を訪れ、医師の診察を受けることです。
昨今では、リレンザという吸入型の薬が、抗インフルエンザ治療薬として販売されています。
リレンザが出たことによって、インフルエンザの治療は大きく前進したのです。
従来は、インフルエンザの治療にあたっても対症療法しかありませんでした。
患者の様子を見ながら、解熱剤などを処方するしか打つ手がなかったのです。
しかし、リレンザの登場によって、革命が起こりました。
リレンザは服用するのではなく、吸入するタイプですので、憂慮すべき副作用はありません。
そんな安全な側面もあって、医療の現場では広く使われています。
また、リレンザはインフルエンザの治療だけでなく、予防にも使えるのです。
インフルエンザにかかった患者を看病している人が予防のために吸入すれば、二次感染を防ぐことにもつながります。
平成25年11月に、厚生労働省は、リレンザの有効期間を7年間から10年間とすること通知を各都道府県に出しました。

ページトップへ