インフルエンザと風邪の違い!リレンザで再発防止

インフルエンザ感染は日本を代表する流行感冒症と言えるでしょう。多くの人々が一度や二度は冬にインフルエンザに感染したことがあると言えます。インフルエンザウイルスは乾いた空気を好み、そこで活発に活動します。湿度が50%を切ると非常にウイルスが活発になり、空気感染、接触感染、飛沫感染など様々な感染経路で人間を蝕んでいきます。主な感染経路は飛沫感染と言われています。感染者が咳やくしゃみをした飛沫が健常者の肺に入り込み、三日間の潜伏ののち、様々な症状に見舞われるようになります。インフルエンザの代表的な症状は40度を超す高熱と言えます。一般的な風邪ではここまでの熱は出ず、決定的な違いであると言えるでしょう。こうした高熱などに見舞われた場合にはすぐさま医療機関で治療を受けることが大事です。風邪とは違いリレンザやタミフルといった治療薬を処方してくれます。こうした治療薬は肺に侵入したウイルスの増殖を食い止めてくれます。ウイルスの増殖が食い止められると次第に高熱がとれて体が快方に向かっていきます。薬は決められた用量を守りきちんと服用しなければいけません。症状が快方になったからと言って途中でやめてしまうと、また肺でのウイルスの増殖が始まり再発する可能性があります。また感染すると飛沫感染と言って咳やくしゃみで他者に感染させてしまう可能性が高いために、隔離された場所で安静に7日程度休息し治療することが大事になります。室内は湿度50%に保ち、インフルエンザが活動しにくい環境を作ることも大事です。しかし高熱にうなされて、治療するために会社を欠勤したくなければ、流行シーズン前に必ずインフルエンザの予防接種を受けておくことが大事です。

ページトップへ