リレンザとタミフルの違い

40度近い高熱が急に出たり、筋肉痛や関節の痛みが現れて、全身がだるくなるなどの症状を訴えることが多いのがインフルエンザになります。
このインフルエンザは、鼻や喉の粘膜にインフルエンザウイルスが付着して、気道などで増殖するといわれていますので、早めに医療機関で医師の診療を受けられるのがいいでしょう。
診察を受けられたなら、インフルエンザの治療薬が処方されるでしょう。
抗インフルエンザ薬には、リレンザやタミフルなどの治療薬があって、この2種類のインフルエンザ治療薬の大きな違いには、リレンザは吸入型の外用薬になり、タミフルはカプセル剤と散剤がある内服薬であることです。
リレンザの主成分はザナミビル水和物になり、下痢や発疹、吐き気や動悸、呼吸困難などの副作用が報告されています。
一方のタミフルはオセルタミビルが主成分であり、このオセルタミビルの副作用として動悸や血圧低下、蕁麻疹や血便、腹痛などが報告されています。
このように、服用方法や主成分、副作用などに違いがみられますが、リレンザとタミフルに共通することには、インフルエンザのA型とB型の治療に用いられて、症状があらわれてから48時間以内に服用したり使用しますと、効果的とされていることがあります。
どちらのインフルエンザ治療薬も、1日2回を5日間継続して服用することで、効果が期待されるものですから、医師の指示通りに従って用法と用量を守りましょう。
リレンザは、吸入薬になりますので、専用の吸入器を操作して吸入することになりますから、上手に操作や吸入が行えない場合には、インフルエンザ治療薬としての効果が期待できませんので、処方されましたらその場で吸入されるのがいいでしょう。

吸入タイプのリレンザ、小児も服用出来る?

抗インフルエンザ薬にはリレンザ、タミフル、イナビル、ラピアクタの4種類があります。
ラピアクタは点滴薬のため、薬の服用が難しい場合に使用されます。
そのため一般的にはリレンザ、タミフル、イナビルが使用されます。
タミフルはドライシロップと錠剤があります。
持ち運びがしやすく、大変飲みやすいですが、10代の子供に服用した場合、異常行動が起こる可能性が高いです。
またタミフル耐性型ウイルスも発見されており、服用しても効かないことがあります。
一方、リレンザとイナビルは吸入タイプの薬です。
イナビルは一回のみ吸入しますが、容器に薬が残りやすくなります。
リレンザは1日に2回、吸入します。
専用の吸入薬にブリスターと呼ばれる薬をセットし吸い込みますが、事前に練習しておかないとうまく吸い込むことができません。
また、肺炎などを越している場合は、吸い込むことによって悪化してしまうこともあります。
ですが、耐性ウイルスも見つかっていないですし、異常行動を起こす割合もタミフルよりは低くなっています。
吸入タイプのリレンザは子供も使用することができます。
この場合、子供自身が吸うという行動ができることが大前提となります。
そのため5歳以上の子供に使用するとされていますが、5歳に達していなくてもきちんと吸うことができるようであれば使用を検討しても良いでしょう。
子供が吸う場合は、椅子に深く座るように促し、水平に容器を持つことができるよう、サポートをするようにします。
病院で練習をすることもあるので、コツをつかむことができます。
なお、リレンザを使用した場合も異常行動が起こることがあります。
最低でも2日間は子供から目を離さないようにしましょう。

リレンザの副作用はどんなものがある?

インフルエンザの治療に用いられるリレンザですが、副作用の頻度はあまり高くありません。
起こりやすい副作用としては、呼吸がしにくくなるというものがあります。もともとインフルエンザですから喉の痛みや息苦しさの症状があるところに、このリレンザは飲み薬ではなくて吸入薬ですから、余計に呼吸がしにくくなると感じられることがあるようです。
吸入薬というのは気管支喘息などでエアゾールのような気体状の薬を使ったことのある人もいるでしょうが、このリレンザは気体状の薬ではありません。
実際には、粉末です。専用の吸入器を用いてその粉末を吸入するのですが、粉末が気道に入るということで呼吸困難を訴えることもあるわけです。
また、リレンザの副作用には異常行動も見られています。
異常行動によりマンションの窓から転落するといったことも考えられますので、注意が必要です。
これらの副作用は、インフルエンザという病気そのものの症状でも起こり得ますから、本当にリレンザが原因なのかどうかは分かりにくいところがあります。
とくに異常行動については発生例も少なく、因果関係は不明とされています。
その他には、アレルギーを起こすことがあります。
少なくとも、これまでにリレンザを使って、喉のかゆみ、じんましん、血圧低下といったようなアレルギー反応を起こしたことのある人は使用すべきではありません。
また、リレンザの製造工程上、どうしてもわずかながら牛乳タンパク質が混ざりこんでいる可能性があるため、牛乳アレルギーのある人はリレンザの使用でも同じようにアレルギーを引き起こす可能性があります。
報告例は少ないのですが、一応、気をつけておくに越したことはありません。

▼もっとリレンザについて詳しく知りたい方はこちら
リレンザについて
▼タミフルやリレンザなどの服用に加え、何をするのがインフルエンザ治療には良い?
インフルエンザの治療法

ページトップへ